PHPのRuby on Railsクローンのフレームワーク Akelos PHPをいじってみた出来事のメモ。

Akelosをいじってみるメモ帳

Akelos PHP Blogチュートリアル一覧(全18記事)
Akelos PHP ユーザ認証チュートリアル一覧(全19記事)

2008年09月02日

Akelosユーザ認証チュートリアル 8.Accountコントローラを作る 枠組み自動作成

ユーザモデル続いて、ユーザ登録やログインなどを行うユーザ向けの機能を司るAccountコントローラを作ります。

コマンドラインで以下を入力して実行してください。
C:\xampp\htdocs\projects\blog>c:\xampp\php\php.exe script\generate scaffold User Account regist login logout modify delete remind welcome --sintags --force


後半にアクション(とビュー)の名前を複数指定しています。
このように、アクションがある程度想定して、まとめて作るとある程度自動的に作ってくれるので楽です。もちろん、後で足すことも出来ますが。

アクション名を並べたのは良いですが、もちろん実体はありません。
ということで、それぞれのアクションを下記のように定義し、実体を作りたいと思います。

index = ユーザ向け機能へのリンクページ ログイン必要無し
regist = ユーザ登録 ログイン必要無し
login = ログイン ログイン必要無し
logout = ログアウト ログイン要必要
modify = ユーザ登録情報修正 ログイン要必要
delete = ユーザ登録削除 ログイン要必要
remind = パスワード忘れ時の再発行 ログイン必要無し
welcome = 登録後に表示する画面 ログイン要必要
add = ユーザ追加 管理者用
listing = ユーザ一覧 管理者用
show = ユーザ確認 管理者用
edit = ユーザ登録情報修正 管理者用
destroy = ユーザ削除 管理者用


まず、下記のファイルを開き各アクションが存在することを確認しましょう
C:\xampp\htdocs\projects\blog\app\controllers\account_controller.php

scaffoldが追加指定したアクション+標準で自動で作ってくれる index,listing,show,add,edit,destroyのアクションがあります。

アクションが多いですが、この中を埋めていきたいと思います。
posted by AMUAMU at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。