PHPのRuby on Railsクローンのフレームワーク Akelos PHPをいじってみた出来事のメモ。

Akelosをいじってみるメモ帳

Akelos PHP Blogチュートリアル一覧(全18記事)
Akelos PHP ユーザ認証チュートリアル一覧(全19記事)

2008年06月11日

Akelos Blogチュートリアル 14.入力チェック機能の追加

次は、入力項目のチェック機能の追加をします。

ここではtitleに文字が入っているかをチェックするようにしましょう。

C:\xampp\htdocs\projects\blog\app\models\post.php
をメモ帳などで開いてください。
空のクラスが書いてあると思いますが、以下の内容をクラス内に足します。

-------------------------------------------------------
  function validate()
  {
    $this->validatesPresenceOf('title');
  }
-------------------------------------------------------

validate内で、postモデルに入れる項目の入力チェックを行うわけです。
ここではvalidatesPresenceOfというチェックを使っています。これはブランク(空のデータ)の入力を許さないというメソッドです。

titileの項目は空データかどうか?を調べてくれます。

他にもvalidate関係の関数はたくさんありますが、APIリファレンスのActiveRecordのBaseにあるAkActiveRecordのメソッド一覧でも見てください。
http://api.akelos.org/ActiveRecord/Base/AkActiveRecord.html#methodvalidate
ここらへんから下ですね。

さて、ブラウザを開いてtitleを入れずにOKして登録してみてください。ちゃんとエラーを表示すると思います。
このエラーの表示はerror_message_helperというものを使っています。
まぁ、わからないひとは、そういうもんがあるとだけ思っておけばOK.
posted by AMUAMU at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。