PHPのRuby on Railsクローンのフレームワーク Akelos PHPをいじってみた出来事のメモ。

Akelosをいじってみるメモ帳

Akelos PHP Blogチュートリアル一覧(全18記事)
Akelos PHP ユーザ認証チュートリアル一覧(全19記事)

2008年06月11日

Akelos Blogチュートリアル 13.テーブル定義の修正 日付入力機能追加

ちょっと修正をしていこう。

チュートリアルのbody追加は吹っ飛ばしてるけど、このままだと自動で登録される作成日時、更新日時はあるけど、登録したい日付を変えたい場合があるでしょう。

なので、テーブルの定義を追加修正して、日付の入力欄を入れたいと思います。


まずPostインストーラでテーブル定義を変えます。

メモ帳などで下のファイルを開いて下さい。
C:\xampp\htdocs\projects\blog\app\installers\post_installer.php

次のfunction設定をクラス内に追記しましょう。
-------------------------------------------------------
  function up_2()
  {
    $this->addColumn('posts','posted_at');
  }
-------------------------------------------------------
この意味は、2番目の修正版ですよという意味で up_2
addColumnでカラムを追加してくださいと呼び出し、postsテーブルを対象として指定。
カラム名はposted_atだよ。
となっています。xxxxx_atは日時形式に自動的にしてくれるおまじない。

保存します。

先ほどの修正した内容を色々な所に反映させます。
まずデータベースにテーブルの修正を反映させるためマイグレーションを行いましょう。
コマンドラインを開いて以下のコマンドを入れるだけ。
-------------------------------------------------------
C:\xampp\htdocs\projects\blog>c:\xampp\php\php.exe script\migrate post install

Upgrading-----
(mysqlt): SET AUTOCOMMIT=0
-----
-----
(mysqlt): BEGIN
-----
-----
(mysqlt): ALTER TABLE posts ADD posted_at DATETIME
-----
-----
(mysqlt): COMMIT
-----
-----
(mysqlt): SET AUTOCOMMIT=1
-----
Smart Commit occurred

C:\xampp\htdocs\projects\blog>
-------------------------------------------------------
これだけでデータベースへの修正が終了。


続いて登録・表示画面系の修正。これもコマンド1行を打ち込むだけ
-------------------------------------------------------

C:\xampp\htdocs\projects\blog>c:\xampp\php\php.exe script\generate scaffold Post Blog --force --sintags

(メッセージ略)
-------------------------------------------------------

これで終わり。

ブラウザ画面を開いて確認してみましょう。日付の入力枠が増えたと思います。
posted by AMUAMU at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100215332

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。